【随時更新】劇場別公演スケジュール

【保存版】日生劇場上演スケジュール 東宝ミュージカル予定も多数

日生劇場 スケジュール
この記事がおすすめな人
  • 日生劇場で上演されるミュージカル演目のラインナップ一覧が知りたい
  • 日生劇場のミュージカル作品の公演日程・チケット・キャスト情報が知りたい
  • 日生劇場公式サイトはほぼ見ないので、ブックマークをしておけば情報が更新されるページが欲しい

政所ぴぴ
政所ぴぴ
こんにちは!観劇大好き政所ぴぴ(@pipitan_pipipip)です!
東京の劇場で、帝国劇場の次に有名といっても過言ではない、日生劇場。毎月、ミュージカルや演劇、オペラなどが上演されています。

この記事では、日生劇場で上演されるミュージカル作品について、公演日程・チケット・キャスト情報はもちろん、あらすじや見所まで解説します。

新情報が出るたびに追記していくので、「観劇予定を立てるのが面倒」「日生劇場の公式サイトはほとんど見ない」…という人は、ぜひ当ページをブックマークしておいてくださいね

新型コロナウイルスの影響により、一部公演の中止情報が出ています。詳細は東宝演劇部公式サイトおよび日生劇場公式サイトをご覧ください

日生劇場以外の劇場ラインナップは、こちら(サイト内にリンク)から確認できます。

日生劇場の上演スケジュール2019~2020 ミュージカル・オペラ・演劇メイン

日生劇場 スケジュール 上演 ミュージカル 東宝 2020 2021
※タップすると拡大されます
※毎月月初に更新するためタイミングによっては情報が古い場合があります

日生劇場公演スケジュール
2020年7月:『リトル・ゾンビガール』
2020年8月:ファミリーフェスティバル2020(コンサート『アラジンと魔法の音楽会』、ダンス×人形劇『ひなたと月の姫』、「白鳥の湖」(全1幕)&「迷子の青虫さん」)
2020年10月:『生きる』
2020年11月:オペラ 『ランメルモールのルチア』、オペレッタ『メリー・ウィドー』

※新型コロナウイルスにより中止となった公演
2020年5月:『ニュージーズ』
2020年6月:オペラ『セビリアの理髪師』、オペラ『フィガロの結婚』
2020年7月:バレエ『海賊』

日生劇場公式サイト

※マーカーを引いたものはミュージカル(日生のファミリーミュージカルを除く)

2020年には、『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド』『ニュージーズ』など、日本初演作品が並んでいます。

東宝ミュージカル作品も多く、人気作も上演されることが多い劇場です。

日生劇場のミュージカル 個別の上演時間・日程・キャスト情報を紹介

日生劇場 スケジュール 予定 ミュージカル ラインナップ

日生劇場で上演決定しているミュージカルについて、公演日程・チケット販売日・キャスト情報をまとめました。

今後の観劇予定を立てる際にお役に立てば幸いです。

※オペラ・演劇演目は省略します。

※公演中止 ニュージーズ(2020年5月公演)

「ニュージーズ」
期間:2020年5月8日(金)~5月30日(土)
公演場所:日生劇場
観劇料金:S席 13,500円 A席 9,000円 B席 4,500円
一般発売日:2020年2月22日(土)
出演キャスト(抜粋):京本大我、咲妃みゆ、松岡広大、加藤清史郎、霧矢大夢、松平健 他

「ニュージーズ」公式サイト

※新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました

新聞の値上げにストライキを起こす、新聞配達員とニュージーズたちのお話です。1899年に起きた実話を原案にしたミュージカル。

日本キャストでは初演ですが、どこかで聞いたことのある音楽が魅力。実は、ディズニー作品を多く手掛けたアラン・メンケンが曲を担当しています。

振り付けは「ハイスクールミュージカル」などを担当したケニー・オーテガー。曲もダンスも期待大ですね。

『ニュージーズ』公式サイト

日生劇場上演作品一覧(ページ上部)へ戻る

生きる(2020年10月公演)

「生きる」東京公演
期間:
2020年10月9日(金)~10月28日(水)
公演場所:日生劇場
観劇料金:S席 13,500円 A席 9,000円 B席 4,500円
一般販売:2020年7月11日(土)10:00
出演キャスト(抜粋):市村正親/鹿賀丈史、村井良太、新納慎也/小西遼生、May’n/唯月ふうか、山西惇、川口竜也、佐藤 誓、重田千穂子 他

ミュージカル「生きる」公式サイト

市村正親さんと鹿賀丈史さんのW主演で、2020年も「生きる」上演が決定しました。その素晴らしい仕上がりから、「国産ミュージカルの記念碑」と絶賛されています。

役所の市民課長である主人公ですが、定年を目前に胃がんが発覚、余命があとわずかだと宣告されます。残された人生の中で自分が何をすべきかを、主人公が見つけ出す物語。

演出家には宮本亜門さん、脚本・歌詞には「アナと雪の女王」など数多くのディズニー作品を担当してきた高橋知伽江さんが務めます。

『生きる』公式サイト

日生劇場上演作品一覧(ページ上部)へ戻る

日生劇場へのアクセス・座席数キャパ 車椅子席あり 

日生劇場へのアクセス

所在地
東京都千代田区有楽町1-1-1
アクセス
地下鉄
千代田線 日比谷線 都営三田線日比谷駅A13出口より徒歩1分
有楽町線有楽町駅より徒歩10分
丸ノ内線銀座駅より徒歩10分
JR線
山手線 京浜東北線有楽町駅日比谷口より徒歩10分
バス・自動車
リンク先をご確認ください

日生劇場公式サイト

日生劇場の座席表・収容人数

座席
日生劇場 スケジュール ラインナップ ミュージカル 予定

日生劇場の座席数
計:1,330席(1階:736席、GC(中2階)席:130席、2階:464席)
座席表

車椅子の場合、座席までスタッフがエレベーターで案内してくれるそうです。

車椅子のまま観劇を希望する場合は、事前に問い合わせが必要になります。

東宝ミュージカル人気作も数多く上演される日生劇場 美しい建物にも注目

日生劇場は、昭和を代表する建築物としても高い評価を受けています。

床一面に広がる白い大理石に、アルミで作られた天井の何学模様。劇場につながる扉は、蝶々のかたちをしています。

ミュージカル・オペラ・バレエなどを心行くまで楽しめるのは、この環境があってこそですね。

劇場の構造そのものが芸術といえる日生劇場で、素敵な時間を過ごしてください。