チケット

2019年6月チケット転売がなぜ違法に? 犯罪にならない境界線とは

チケット転売違法
この記事がおすすめな人
  • チケット不正転売禁止法って、どんな内容なの?
  • 急用で行けなくなったチケットを販売するのは、違法になるの?
  • チケットを購入するときに気を付けておくことはあるの?

政所ぴぴ
政所ぴぴ
こんにちは!ミュージカル大好き政所ぴぴ(@pipitan_pipipip)です!

チケット不正転売禁止法2019年6月14日に施行されます。

以前までも、転売=NGの認識はありましたが、何やら一層厳しくなる印象を受けますね。

中でも、過去に行けなくなったチケットを転売した経験がある人は、ヒヤッとしているのではないでしょうか。

この記事では、チケット不正転売禁止法を深堀して、どんな行為が違法になるのかや、気を付けておくことは何なのかをまとめました。

政所ぴぴ
政所ぴぴ
東京五輪に向けて、政府が動き出したようですね。普段、舞台・ミュージカルや、ライブ、スポーツ観戦をする人は、要チェックです。

チケット転売が違法性を持つケースは3通り

転売目的でチケットを購入すると違法|規制の対象に

チケット 転売 違法性
チケット転売が違法になる場合
  • 興行主(主催者)が転売を禁止しているチケットを販売
  • チケットが販売されている定価よりも高額で販売
  • チケット販売を何度も繰り返し行う意思がある

チケットの不正転売行為とは、以下の内容だと政府から発表されています。

チケットの不正転売とは
興行主に事前の同意を得ず反復継続の意思をもって行う有償譲渡であって、興行主等の販売価格を超える価格で特定興行入場券を転売すること

政府広報オンライン チケットの高額転売が禁止に!~チケット不正転売禁止法 6月14日スタート

チケット不正転売禁止法に違反した場合、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方が科されます。

興行主(主催者)が転売を禁止しているチケットを販売

チケット転売違法性なぜ

あらかじめ興行主が転売を禁止している場合です。

ミュージカルや舞台チケットは、これに該当するものが多くありますね。

有名なところで言えば、ミュージカル劇団の劇団四季はこれに該当します。

四季株式会社が直販する公演チケットは、弊社規約で転売を禁止しております。

劇団四季公式サイト

政所ぴぴ
政所ぴぴ
転売がばれた場合、入場を断られることがあります。実際に断られている人を見たこともあるので、都市伝説ではありませんよ。

チケットが販売されている定価よりも高額で販売

チケット転売違法性なぜ

定価より高額で売買する場合、差額で不当に利益を得ようとしたと判断され、チケット不正転売禁止法に接触する恐れがあります。

チケット販売を何度も繰り返し行う意思がある

例えば、一人で同じ公演のチケットを何十枚も買い占める場合は、転売をしようとしているとみなされます。

常識的に考えて、知人に配ったとしても何十枚も買い占めるのはおかしいですよね。

同じ公演のチケットを複数枚購入し、何回も転売行為を行っていると「そもそも公演に行く意思がなく転売するために購入した」と判断される可能性もあります。

転売法で違法性に問われるのは全てのチケットではない

チケット転売違法性なぜ

チケット不正転売禁止法で規制されるチケットは、特定興行入場券と呼ばれるチケットです。

特定興行入場券とは、以下のようなチケットだと文化庁から説明されています。

転売が禁止されるチケット
  • 興行主から転売が禁止されており、券面にその旨が記載(電子チケットは映像面)
  • 日時・場所・座席(または入場資格者)が指定されている
  • 購入者氏名・連絡先の確認が行われ、券面にその旨が記載(立ち見の場合、入場資格者)

参考:文化庁ホームページ政府広報オンライン

興行とは、映画・演劇・ミュージカル・舞踊・ライブ・スポーツなどの、不特定多数の人に見聞きさせるもののことを指します。

注意したいのは、紙のチケットだけでなく、電子チケットもチケット不正転売禁止法の対象になることです。

うっかり転売禁止の電子チケットを販売すると、違法性に問われてしまうかもしれません。

チケット転売OK!違法にならない3パターン

チケット転売違法性なぜ

チケット不正転売禁止法で規制されないチケットは、下のようなものになります。

転売OKなチケット
  • チケットの転売が、興行主に禁止されていない
  • 急用・急病など、行けなくなった場合に公式リセールでチケットを販売する
  • 知人・友人など、周囲の人にチケットを譲る
  • 招待券など、無料で配布されたチケット
  • 日時指定がないチケット
  • 購入者または入場者の確認が行われないチケット

特に気になっていたのは、「行く予定で予約したけれど、急遽行けなくなった」場合だと思います。

この場合、転売の意思を持って購入していないので、チケット不正転売禁止法で違法性を問われることはありません

招待券などの配布チケットが規制対象にならないのは、チケット不正転売禁止法が取り締まる目的がチケットの買い占めを防止する趣旨だからです。

チケット譲渡方法は安全な公式リセールを使う

チケトレやCloakなどのチケット取引サイトを利用する

パソコン

せっかく予約した公演に行けなくなった場合は、興行主が定める公式リセールや、チケトレなどの定価以下で譲渡できるサイトを利用しましょう。

安全にチケット売買できるサイト

上記サイトは、すべて定価でチケットをリセールできます。

個人間の取引ではなく、サイトを仲介した取引のため、詐欺などのトラブルに巻き込まれにくく安心です。

詐欺に巻き込まれる可能性もあるため、メルカリなどのフリマサイトや、ヤフオクなどのオークションサイトにチケットを出品しないでください。

そもそもチケットの譲渡NGの公演もあるので注意

チケット転売違法性なぜ

公演によっては、そもそも他の人への譲渡を禁止してるチケットもあります。

該当公演の公式サイトやSNSで告知されているため、リセールサイトを利用する前に必ず確認をしておきましょう。

リセールチケットを買うときの注意点|SNSには注意

チケット不正転売禁止法では、チケットの出品者だけではなく購入者も取り締まりの対象になっています。

他の人からチケットを購入するときに気を付けることを紹介します。

チケット公式リセールから購入する

安全にチケット売買できるサイト

上記のリセールサイトでは、定価以下で該当チケットを購入することが可能です。

取引は個人間ではなく、リセールサイトが仲介してくれるため、万が一トラブルに巻き込まれてもサイト側が対応してくれます。

公演間近になると、チケットの出品数も増えてくるため、どうしても行きたい公演がある場合は定期的にチェックしておきましょう。

Twitterでのチケット売買の呼びかけには応じない

Twitter Facebook Instagram
チケット転売違法性なぜ

よく見かけるのが、TwitterなどのSNSでチケットの個人取引を持ち掛ける行為。

手軽に自分の行きたい公演を見つけられるのがメリットですが、実はかなり危険です。

チケット配送・入金時のトラブルはもちろん、個人情報を他の人に晒すことになります。

本当にその公演の趣旨を理解している出品者は、必ず公式リセールを利用しています。くれぐれも呼びかけには応じないでください。

そもそもチケットの転売はNGではないって本当?

チケット転売違法性なぜ
不正転売の意見広告キャプチャ

本来、自分が購入したものを他の人に転売する行為は、行ってよいとされています。

なぜチケットだけ、法律まで作って取り締まられるようになったか。

簡単にまとめると以下のような理由が挙げられます。

  • 本当に楽しみたい人の手元にチケットが渡らなくなる
  • 差額が興行主に還元されない
  • 詐欺被害が後を絶たない

今まで、チケット転売で逮捕された人たちは、都道府県が定める迷惑防止条例(名前は都道府県で異なります)で取り締まりをされていました。

しかし、チケット不正転売の影響で、音楽業界やスポーツ業界に悪影響を及ぼしかねないと、意見広告が掲示されました。

この広告が反響を呼び、次々と団体の規約が改正されるなど、不正転売撲滅への動きが加速したのです。

チケット転売法は6月14日から 良識を持った売買を

今までは意識せずに行っていた転売も、一歩間違えると違法になってしまうかもしれません。

ライブやミュージカルのチケットを購入して行けなくなった場合は、必ず規約に目を通して売買を行いましょう。

ミュージカルが大好きな管理人ぴぴは、これからも質の高い演劇が見られるよう、不正なチケット転売がなくなることを祈っています。